アロマテラピーの種類とは

ガリバー 買取 

 

アロマテラピーは花や木から摂れる芳香成分を利用した物で、健康や美容効果を高めたりストレス解消や疲れを癒す効果があります。天然成分の香りを嗅ぐ事で体内の臓器が活性化され、便秘や頭痛、腹痛や腰痛改善に繋がります。アロマオイルの種類は200~300ほどあり、初心者の方には多すぎて選べないので自分の用途に合わせて選択すると良いです。ハーブ系や柑橘系など約7種類あり、同じ種類のアロマオイルは効果が似ていますが微妙にちがうので確認しておくと間違えて購入するリスクが軽減します。

 

例えば、同じフローラル系の香りでもアレルギー性の肌トラブルに効果がある物とない物があります。それぞれ効果がちがうのでアロマオイル専門のサイトに行って自分の求めている効果を持つアロマオイルを探すと良いです。香りを体内に取り込むやり方も多く、一般的なのはアロマポットやアロマランプに数滴垂らしてリラックス効果の光と共に取り込む方法です。他には入浴時に数滴垂らして全身の肌から体内に取り込んだり、アロマオイルを含んだ水や湯に浸しておいたタオルを使って顔などを覆う方法があります。アロマオイルは種類が多く、香りや成分を取り込むやり方も多いので自分好みに出来ます。