蒸気吸入法について

 

 

精油の香りで気分をリラックスさせる方法に蒸気吸入法があります。
簡単に行えるので、精油の芳香浴効果をすぐに得たい場合に、とても便利な使用法です。
洗面器やマグカップに一度沸騰させて十分に湯気がたった状態のお湯を5~7分目まで入れ、精油を3滴ほど垂らし、立ち上がる蒸気とともに精油成分を吸い込みます。この時精油成分が目の粘膜を刺激しますので目は閉じておきます。同時に呼吸器の粘膜も刺激して咳を誘発することもありますので、強い咳があったり喘息の時は利用を避けます。

 
この時大きめのバスタオルを頭からかぶりますと、蒸気や香りがこもるので効果が上がりますし、肌の保湿にもなります。約1分を目安に吸入します。
この方法は風邪や花粉症の鼻水や鼻づまり・のどのイガイガ感の緩和にも効果が期待できます。入浴時にバスタブに精油を入れる方法もありますが、こちらの方が即効性があります。花粉症や鼻づまりにはユーカリやぺパ-ミントの精油が効果的です。一日3回位を目安に行い、特に就寝前の利用が効果的です。
利用中は熱湯をこぼして火傷をしないように注意し、利用後は子供さんやペットがを誤って精油入りのお湯を飲むことが無いように、洗面器やマグカップ内の精油入りお湯はすぐに捨てるようにします。