半身浴法について

 

 

半身浴法は冷えや血行不良の改善、美容、疲労、リラクゼーションに良いとされています。半身浴の効果的な方法はお湯の温度とお湯に浸かる時間が重要です。お湯の温度は体温より少し高めの38度〜40度にします。おへその上からみぞおちまでが浸かるようにしましょう。腕や上半身はなるべく濡れないようにして下さい。お湯に浸かる前の掛け湯は上半身にはかけないでおへその上からみぞおちまでに掛け湯をして下さい。時間は20分〜30分半身浴をします。入浴するときは水分補給をしながら時間を気にせずリラックスし、本を読んだりマッサージをしましょう。半身浴しながらマッサージをすると体内と老廃物や余分な水分が排出され、むくみや肩こりや頭痛が改善されます。

 

入浴剤を入れるとより体が温まりリラックス効果抜群、特にラベンダーやハーブの入浴剤はリラックス効果を高めてくれます。お酒をコップ3杯分入れて入浴すると体が温まり毛穴の奥の脂肪や老廃物を溶かしてくれるので美容にも良いのです。湯船のふたをし、顔だけ出して半身浴をするとサウナ効果で発汗作用を高めてくれます。冬に寒い場合はシャワーを出して浴室を暖めておくか、乾いたタオルを肩にかけます。夏暑い場合は浴室の窓を少し開けておきましょう。