部分浴法について

 

 

部分浴法というのは、体の一部分だけをお湯につけ、体全体を温める方法のことです。服を着たまま行えるので、気軽に行え、特に昨今では高齢化の中、高齢の方のケアでも頻繁に行われています。おもに、手浴と足浴があります。手浴では、お湯をはった洗面器に両手首を10分程度つけます。この時、洗面器に精油を2,3滴たらすと効果的です。手浴を終えた後は、特に上半身が温まり、腕のだるさや肩こりの緩和に効果的で、また、荒れた皮膚表面をしっとりと潤してくれます。足湯は、やや大き目で深さのある洗面器にお湯をはり、手浴同様に、精油を2、3滴たらします。両足首をお湯につけ、10分程浸します。足首まで温めることで、血行が良くなり、全身が温まってくのを感じると思います。

 

全身が温まるので、頻繁にお風呂に入れない高齢の方でも、気軽に体を温めることができます。その他、冷え性の方や足がむくんでいる方、体をすぐに温めたい方などにおすすめです。どちらの場合も、お湯に精油をプラスさせることで、その効果を高めてくれる働きがあります。それぞれの精油には、各々の植物の力が凝縮されているので、その時の体調に合わせて、精油を変えてみるのもいいです。